学びに革命!お家でコッソリ大学生!通信制大学!

学びたい気持ちが大切

大学で学びたい気持ちがある人で、事情により通学制の大学にいく機会がなかったり、大学にいったが別の専門分野を学びたいといった方に通信制大学をお勧めします。通信制大学は入学試験はないので、自分の希望の学科に入れます。ますは学びたいという気持ちが大切です。特に社会人など受験勉強から遠ざかった人には、学びたいものにフォーカスできます。学費の面でも通学に比べてかなり安い設定になっています。通信制大学の単位取得は試験や短期間のスクーリング、レポート提出が主です。自宅での学習がメインですが、スクーリングでは対面の講義が受講できます。同じクラスであれば友人もでき、お互いに励みになります。通信制大学によって、今までしらなかった学問分野に目覚めていくことでしょう。

通信制大学での学習について

通信制大学での学習は、主に在宅での学習がメインになります。学習教材が大学から送られてきて、それを精読して、レポートを書きます。講義がDVDによって撮影されたものを見れる場合もあります。通学制に比べて、自主的な努力が必要です。
最近話題になった千葉雅也著『勉強の哲学』では、「教師の役割は情報の有限化である」と述べています。ある科目を学ぶとすれば一つの教科書を契機に、情報は広がってきます。大学の講義では、まず基本段階ではこのぐらいの知識が必要という有限化をしてくれます。普通に本を読んでいくとどれが重要かどうか、またはどこまでやればいいのかが初心者にはわかりにくく、そのため挫折する場合もあります。通信制大学での学習では、自主的な読書が中心となりますので、質問票やスクーリングでどこが重要で、どの項目を学習するとこの分野を学習したことになるかを意識すると学習を挫折をすることはないでしょう。

国語の教員免許を通信制の大学で取得する方法はおすすめです。空いた時間に自宅で勉強することができますし、テキストやDVDを活用しますから、効率的な学習が可能です。